警備業界にドローンが取り入れられる?メリットや導入例を解説

公開日:2024/01/15


警備業界において、ドローンの活用が進んでいます。導入によりセキュリティ強化や効率化、コスト削減などの利点が生まれます。さらに、社会的な課題の解決も期待できるため、事例を確認しておきましょう。この記事では、警備業界におけるドローンの可能性と、そのメリットや導入例について解説しているので参考にしてください。

警備業界でドローンが活躍できる場面

警備業界において、ドローンは多くの場面で活躍する可能性があります。とくにテロ活動や犯罪の未然防止、逃走犯の追跡などにおいて、ドローンが有用なツールとして活用できると考えられます。現場などにドローンを展開し、リアルタイムで情報収集することで、迅速な情報収集が可能です。

また、広大な敷地や過酷な環境での警備活動など、人力では難しい場面でドローンは役立つでしょう。さらに一般的なヘリコプターなどに比べて開けた場所が必要なく、コスト面でも優位です。高い機動性と持続力を活かし、逃走した犯罪者を追跡することに活用できます。

また災害時などにもドローンは活躍します。多くの雨が降ったあとの山などは、地すべりなど、重大な災害が発生する可能性が高く危険であり状況を詳細に調べることは困難です。このような時にドローンを山の上空に飛ばすことで状況の把握ができます。

このように、ドローンは警備業務や災害対策の効率化をもたらす、効率的な重要ツールとなることを期待されています。将来的にはさらなる技術の進化により、より多くの場面でドローンが活躍することになるでしょう。

警備・セキュリティにドローンを導入するメリット

警備業界においてドローンを導入することには、さまざまなメリットがあります。

まず、警備員不足の解消が大きな利点です。ドローンを警備員の代わりに活用することで、人手不足を補えます。さらにドローンを活用した、間接的な警備に切り替えることにより、犯罪者による警備員への直接的な危険を軽減できるため、大事な従業員の安全確保にも寄与します。危険がつきまとう警備業務のイメージアップにもつながるため、採用活動も有利になるでしょう。

次にドローンは、犯罪抑止効果が高い点もメリットとして挙げられます。ドローンを上空高く飛ばすことで広範囲を監視でき、サーチライトやスピーカーも装備できるため、広範囲を警戒・威圧することが可能です。さらに暗視カメラなどの特殊機能を備えることで、夜間や暗所での警備活動にも効果的です。映像を録画して証拠にすることも容易であるため、ドローンの存在は犯罪者の警戒心を高めます。したがって犯罪者が寄り付かず、犯罪を未然に防止するのに効果的です。

このように人的被害を減らしつつ、犯罪抑止にもなるドローンの導入はメリットが多いです。

警備業界でのドローン導入事例

実は警備業界におけるドローンの導入は、2015年からスタートしています。その一例として、ドローンが警備員の代わりに活用される、オンラインセキュリティシステムです。このシステムでは、監視中に異常発報があった場合にドローンが出動し、侵入者の確認や写真撮影などが可能です。人手不足を補うだけでなく、リアルタイムな対応が可能なため、効果的にセキュリティを強化できるという利点があります。

また、ドローンを巡回に活用してライブ撮影するなどの活用法もあります。従来の巡回は、警備員が施設内や屋外の決められた巡回ルートを一定間隔で警戒していました。巡回の時間以外は、監視カメラでの警戒にとどまるため効率が悪く、人件費もかかるのがネックでした。

一方で、ドローンは自由に費用の制限なく動けるため、人員の確保に限界がある警備員や画角が固定された監視カメラに比べ、広範囲の撮影や頻繁な巡回が可能となり、密度の濃い監視活動ができます。これにより、監視カメラや警備員の視界が届かない場所でもリアルタイムに状況を把握できるため、監視の精度が向上します。

このように、現在でもドローンが警備業界で効果的に活用されています。技術の進化により、さらに小型化したドローンや、高度な機能を持つドローンが開発されることで、警備業界のセキュリティ強化に貢献できるでしょう。

まとめ

警備業界におけるドローン導入のメリットや、導入例について解説しました。ドローンの導入により、警備員不足を解消できる点は大きなメリットです。また、監視業務では、警備員に対して危険が及ぶことがないため、安全性の確保にもつながります。これにより、警備業のイメージ向上や採用面での有利さにつながります。

さらにドローンがもつ犯罪の抑止効果も大きなメリットです。広範囲を警戒・威圧できるため、犯罪の未然防止に寄与します。暗視カメラなどによる効果的な監視も可能です。現時点でもオンラインセキュリティサービスや巡回サービスで実績があり、今後警備業界で採り入れられていくことになるでしょう。警備業界におけるドローンの導入は、技術の進化とともにさらなる可能性を秘めています。ドローンの活用が進むことで、より安全で安心した社会が実現できるでしょう。

おすすめ関連記事

PICKUP TABLE

【東京】おすすめのドローンスクール比較表

イメージ1
2
3
4
5
スクール名みんなのドローンパイロットスクール
秋葉原ドローンスクールドローン大学校日本ドローンアカデミードローンスクール東京
特徴25kg以上の機体を飛ばしたい人にもおすすめ特典やフォローが充実6か所にキャンパスがあるドローン講習のパイオニア専用コートを保有
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら