初心者におすすめなドローン操縦の練習法!独学とスクールどちらがいい?

公開日:2023/12/15


ドローンのビジネス需要は近年非常に高まっており、ドローン操縦技術を習得したいと思う方も多いでしょう。しかし、適切に操縦を学ぶためには、独学でも問題ないのでしょうか。この記事では、ドローンを操縦するにあたり、独学とスクールのどちらにすべきか解説しているので参考にしてください。

ドローン操縦前に初心者が意識すべきポイント

ドローンを操縦する前に、初心者が意識すべきポイントを紹介します。

まず、法律や規則などの飛行ルールの確認が必要です。航空法や小型無人機等飛行禁止法、電波法など、ドローンの安全な飛行に関する法令を把握しましょう。飛行前には、機体のチェックも重要です。とくにバッテリーの確認が欠かせません。バッテリーの温度が20℃を下回ると性能が急激に低下し、墜落リスクが高まります。低温環境下では、ケースに入れたり温めたりする対策が必要です。バッテリーはドローンの飛行状態に大きな影響を与えるため、必ず確認する習慣を身につけましょう。

初心者の方は、最初にこれらのポイントをしっかりと把握しておくことで、安全かつ快適にドローンの操縦ができるでしょう。正しいルールを守り、機体の状態にも気を配ることで、より安全な飛行が可能となります。しっかりと基本を押さえ、ドローン操縦による生産性向上や省力化を実現しましょう。

独学できる!ドローン練習法

結論から言えば、ドローンの操縦は独学でも問題ありません。ドローンには必須となる資格は存在しません。しかし、航空法で決められたエリア内で操縦する必要があるとともに、産業用ドローンなど、種類によっては第3級陸上特殊無線技士の取得が必要です。さらに国土交通省に飛行申請して、許可を受ける必要があることに注意しましょう。

以上のことをふまえれば、独学でもドローンを操縦することが可能です。

では、独学で始めようとする初心者に、おすすめのドローン操縦の練習法はあるのでしょうか。初心者の方は、まず基本操作を重点的に学びましょう。モーター始動から離陸、ホバリング、着陸、モーター停止までを繰り返し練習することで、操縦に必要な感覚を身につけられます。さらに上昇・降下、前進・後退・左右移動・左右回転など、さまざまな動作を組み合わせて習得しましょう。

以上のように、実機を使用しての独学は効果的ですが、時間や気候、人の多さなどなどにも大きく影響を受けるため、リスクが高いといえるでしょう。

そこでおすすめなのが、フライトシミュレーターを利用した操作方法の学習です。フライトシミュレーターを使うことで、パソコンと送信機だけで実践に近い訓練が可能となり、墜落や他者への衝突などのリスクを回避しながら、操縦練習できるのが大きなメリットです。現実の機体ではありませんが、リアルな飛行シーンをシミュレートできるため、自信をつけて実際の飛行にも対応できるでしょう。

さらにドローンに関するサイトや本を活用して知識を深めましょう。飛行の基礎知識から飛行練習、点検方法まで、ドローンで必要な知識が網羅されています。学んだことを通じて理論を実践することで、習得したスキルと合わせてドローン操縦のレベルを向上できます。

以上のように、初心者でも独学でドローン操縦を身につけることは可能です。継続的にトレーニングして、飛行テクニックを確立させましょう。

技術を高めたいならスクールに通うのがおすすめ!

ドローン操縦技術をさらに高めたい場合は、スクールに通うことを強くおすすめします。とくに「無人航空機の講習団体及び監理団体一覧」に掲載されている、国土交通省認定の監理団体が主催するスクールを選ぶとよいでしょう。

また、メーカーが主体となって運営するスクールも実践的なカリキュラムを提供しています。メーカー主催の講習では、厳しい選抜を経て選出されたプロフェッショナルな講師が講義を行うため、高い技術と豊富な経験による質の高い講義が期待できます。

実践的な飛行トレーニングや、実機操作を評価し、プロの視点でアドバイスを受けられるので、実際の飛行に必要なスキルを効果的に習得できることがスクールの大きなメリットです。他の生徒と交流したり、相互の知識や経験を共有できることも魅力です。仲間とともに学ぶことでモチベーションが高まり、スキル向上の速度もアップすることでしょう。

さらに安全な飛行に対する意識や法律に関する知識など、ドローンに必要な知識も深まります。技術を向上させたい方は、専門的な指導を受けられるスクールでの学習がおすすめです。将来的にプロのドローンパイロットになることや、ドローンを業務に活かしたい方にとって、効率的な成長が見込める有効な手段です。

まとめ

ドローン操縦の練習法として、独学とスクールを紹介しました。ドローンは独学でも学習可能です。フライトシミュレーターを活用することで、安全に実践に近いトレーニングができるため、独学での技術向上を狙う方は活用するとよいでしょう。

一方、スクールに通うことで、プロの講師から指導を受けられるため、効率的なスキルアップが図れます。いずれの場合も、安全な飛行ルールの理解と、しっかりとした練習が必要です。ドローンに関する知識や法律に目を向けておくことも必須です。独学とスクールをうまく活用し、確実なスキルアップを目指しましょう。

おすすめ関連記事

PICKUP TABLE

【東京】おすすめのドローンスクール比較表

イメージ1
2
3
4
5
スクール名みんなのドローンパイロットスクール
秋葉原ドローンスクールドローン大学校日本ドローンアカデミードローンスクール東京
特徴25kg以上の機体を飛ばしたい人にもおすすめ特典やフォローが充実6か所にキャンパスがあるドローン講習のパイオニア専用コートを保有
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら